トップページ > くらしのガイド > 母子・父子家庭自立支援給付金

母子・父子家庭自立支援給付金

 母子家庭の母または父子家庭の父が就職に役立つ技能や資格のため各種講座を受講したり、各種学校等の養成機関で修業する場合などに、次の給付金を支給する制度です。
 いずれも事前相談が必要です。

自立支援教育訓練給付金

母子家庭の母または父子家庭の父の雇用安定と就業の促進を図るため、県または市指定の職業能力開発講座を受講し、修了した場合に支給します。

1 対象者(次の要件のすべてを満たしていること)

(1) 児童扶養手当を受給していることまたは、同様の所得水準であること。
(2) 雇用保険法による教育訓練給付の受給資格を有していないこと。
(3) 就業経験、技能、資格の取得状況や労働市場の状況などから判断して、当該教育訓練が適職に就くために必要であると認められること。

2 対象講座

 雇用保険制度の教育訓練給付の指定教育訓練講座等

3 支給額

 対象講座の受講料の6割相当額(上限200,000円、下限12,000円)


高等職業訓練促進給付金及び高等職業訓練修了支援給付金

母子家庭の母または父子家庭の父を対象に、就職を容易にするために必要な資格を取得する養成機関において、1年以上修業する場合に、毎月「高等職業訓練促進給付金」を、修業修了後「高等職業訓練修了支援給付金」を支給します。

1 対象者(次の要件のすべてを満たしていること)

(1) 児童扶養手当を受給していることまたは、同様の所得水準であること。
(2) 養成機関において、1年以上のカリキュラムを修業し、対象資格の取得が見込まれること。
(3) 受講前の相談で、就業又は育児と修業の両立が困難であると認められること。
(4) 過去にこの給付金を受給していないこと。

2 対象資格

 看護師、准看護師、保育士、介護福祉士、作業療法士、理学療法士、歯科衛生士、美容師、社会福祉士、製菓衛生師、調理師 等

3 支給額

(1) 高等職業訓練促進給付金
 市民税非課税世帯…月額100,000円、市民税課税世帯…月額70,500円
(2) 高等職業訓練修了支援給付金
 市民税非課税世帯…50,000円、市民税課税世帯…25,000円

4 支給期間

 修業期間の全期間(上限36か月)
 ※申請した日の属する月分より支給が開始されます。


高等職業訓練促進資金

 ひとり親家庭の親の修学を容易にすることにより、資格取得を促進し、自立の促進を図ることを目的として、高等職業訓練促進給付金を活用して養成機関に在学し、就職に有利な資格の取得を目指すひとり親家庭に対して資金を貸与します。

1 対象者

 母子家庭の母または父子家庭の父であって、高等職業訓練促進給付金を活用している方

2 貸付金の種別

  (1)入学準備金

    上限500,000円
    ※養成機関への入学時に必要となる経費を貸し付けます。

  (2)就職準備金

    上限200,000円
    ※養成機関を修了し、かつ、資格を取得した場合に、就職にあたって必要となる経費を貸し付けます。

3 実施主体へのリンク

 社会福祉法人愛知県母子寡婦福祉連合会
 http://aiboren.jp/entry-41.html

 

問合先 市役所こども課

最終更新日 平成29年4月1日