トップページ > くらしのガイド > 産後お泊りケア事業(ママベビーサポート事業)

産後お泊りケア事業(ママベビーサポート事業)

 出産後のママと赤ちゃんが、心身を休めながら育児の相談や授乳指導が7日を限度として指定医療機関・助産院で受けられるサービスです。ご希望のかたは、保健センターへご相談ください。

対象 市内在住の産後4か月未満の母親とその乳児で、指定医療機関・助産院に泊まりながら、心身を休めたり、
      授乳指導などのサービスを希望されるかた   

例えば、

  • 産後の身体の回復に不安がある
  • 授乳や沐浴など育児の仕方に不安がある
  • 育児の支援が得られない 等


指定医療機関・助産院  

  • 稲沢厚生病院(市内)
  • セブンベルクリニック(市内)
  • 貴子ウィメンズクリニック(津島市)
  • あさみや助産院(一宮市)
  • かん助産所(一宮市)
      (但し、セブンベルクリニックは産後1か月未満まで対応)


費用 利用料 1日につき5,000円
       (別途部屋代、食事代などが必要。金額は医療機関・助産院ごとに異なります。)
     但し、次に該当するかたは利用料を減免することができます。申請書提出時に該当する証明書が必要です。

  1. 生活保護を受けているかた
  2. 当該年度分(4月から6月までは前年度分)の市町村民税非課税世帯
  3. 前年分の所得税非課税世帯
  4. 特に市長が減免を必要と認めたかた


期間 
原則7日間以内

手続の流れ
  

 妊娠中のかた  出産後のかた
①希望する医療機関・助産院へ利用希望の連絡をして、受け入れの可否や利用の流れなどを確認する。

②利用前に保健センターへ電話し、利用希望の旨を申し出る。(出産後、産後お泊りケアの利用開始日までに保健センターへ来所できない場合は、ご相談ください。)

③申請書を保健センター窓口またはホームページ上でダウンロードして入手する。

④出産後、利用期間が決まったら、利用開始日までに保健センターに申請書を提出する。
  持ち物:母子健康手帳
                印鑑(スタンパー不可)
                  減免書類(あるかたのみ)

⑤医療機関・助産院の受け入れが確認できたら、ケアを受ける。(原則7日間以内)

⑥利用期間終了後、ベッド代や食事代等を医療機関・助産院に支払う。

⑦後日、保健センターから納付書が郵送されるので、1日5,000円の利用料を利用した日数分支払う。
①希望する医療機関・助産院へ利用希望の連絡をして、受け入れの可否を確認し、利用期間を決める。

②利用前に保健センターへ電話し、利用希望の旨を申し出る。

③申請書を保健センター窓口またはホームページ上でダウンロードして入手する。

④利用開始日までに保健センターに申請書を提出する。
  持ち物:母子健康手帳
                印鑑(スタンパー不可)
                  減免書類(あるかたのみ)

⑤医療機関・助産院の受け入れが確認できたら、ケアを受ける。(原則7日間以内)

⑥利用期間終了後、ベッド代や食事代等を医療機関・助産院に支払う。

⑦後日、保健センターから納付書が郵送されるので、1日5,000円の利用料を利用した日数分支払う。

 詳細は保健センターへお問い合わせください。
  ※保健センター祖父江支所では手続きできません。
  ※利用後の申請はできません。

       申請書の様式ダウンロードはこちら(PDF 42KB)

   

  

問合先 健康推進課
     保健センター (TEL 0587-21-2300 FAX 0587-21-2361)

最終更新日 平成30年4月1日