トップページ > 市組織のご案内 > 市長部局等組織図・事業案内 > 福祉保健部 > 脳脊髄液減少症

脳脊髄液減少症

 「脳脊髄液減少症」とは、頭部などへの強い衝撃により脳脊髄液が漏れ続け、頭痛、頚部痛、耳鳴り、めまいなどの様々な症状を引き起こす病気と言われます。この病気は、医学的な解明が進められている段階にあり、現時点では診断基準や治療方法が確立していません。
 交通事故やスポーツでの事故などが発生した後、頭痛、頚部痛、耳鳴り、めまいなどの症状が見られる場合には、脳脊髄液減少症の可能性があります。安静を保ちつつ医療機関へ受診するなどの適切な対応が大切です。
 脳脊髄液減少症の診断が可能な病院や関係患者団体については、愛知県公式Webサイトネットあいちからご覧いただけます。

リンク先

愛知県ホームページ   脳脊髄液減少症について
関係団体    特定非営利活動法人脳脊髄液減少症患者・家族支援協会

 

問合先 健康推進課
     保健センター(TEL 0587-21-2300)

最終更新日 平成28年4月1日