トップページ > くらしのガイド > 一般不妊治療費補助制度

平成29年度一般不妊治療費補助制度

  一般不妊治療を行う夫婦に対して、治療等にかかる費用の一部助成を行っています。

対象(平成29年3月から平成30年2月までの診療分)

対象となる治療

  • 不妊検査
  • 一般不妊治療(体外受精・顕微授精などの特定不妊治療は除く。)     
    ※特定不妊治療費には県の助成制度があります。

対象者

  1. 婚姻届を出している夫婦
  2. 申請日において、夫または妻のいずれかが、稲沢市に住所を有すること
  3. 産科・婦人科・産婦人科・泌尿器科・皮膚泌尿器科を標榜する医療機関で不妊検査・治療を受けていること
  4. 医療保険(国民健康保険、社会保険など)に加入していること

   ※稲沢市に在住中に受けた治療が対象です。転入前に受けた治療は対象になりません

 

助成内容

対象となる治療の自己負担額の2分の1で、2年間で上限額を50万円とします。
※他市町村で受けた助成額も含まれます。

助成期間

助成を開始した月から連続した2年間(24ヶ月)が補助の対象となります。
※本市に転入した場合は、転入日以降が助成の対象となります。

 

申請期限

平成30年3月23日(金)

申請方法

 申請は、一般不妊治療を受けた日の属する年度ごとに必要です。平成29年3月から平成30年2月診療分については、平成30年3月23日(金)までに、保健センターへ申請してください。

※期限を過ぎると申請できません。期限が近づくと窓口が大変込み合うことがあります。なるべくお早めに申請してください。

申請に必要な書類等

  申請書類は、保健センターにあります。保健センターに来所が可能なかたは説明もさせていただきますので、お越しください。
  来所できないかたは、下記 1~4 の書類をプリントアウトしてご使用ください。

  ただし、記入にあたっての注意事項等がありますので、必ず、「稲沢市一般不妊治療費補助制度のご案内」(PDF 148KB)記入例 (PDF 208KB)「稲沢市一般不妊治療費補助制度申請書チェック表」(PDF288KB) をよく読み、記入してください。

 1. 「一般不妊治療費補助金交付申請書」(PDF 62KB)
 2. 「一般不妊治療費補助金事業に関する同意書」(PDF 98KB)  
 3. 「一般不妊治療費補助事業受診等証明書」(PDF 88KB)(医療機関に記入していただく書類です) 
 4. 「一般不妊治療費補助金交付請求書」(PDF 55KB) 
 5. 病院または処方薬局の領収書と明細書(※どちらかが揃っていない場合、受付ができません。)
 6. 夫と妻の健康保険証(原本)
 7. 住民票 ※2の同意書の提出により省略できます。  
 8. 夫と妻の所得課税証明書(1~5月の申請は前々年のもの、6~12月は前年のもの)
  6月~翌年3月までの申請で、1月1日時点で稲沢市に住民登録をされている場合は、2の同意書の提出により
  省略できます。そうでない場合は、下記を参考に、所得課税証明書の提出が必要です。
  以前のお住まいの自治体へお問い合わせください。
     ○申請が 1~5月で前年1月1日に稲沢市に住民登録がないかた→「前々年分」の所得課税証明書
     ○申請が6~12月で当年1月1日に稲沢市に住民登録がないかた→「前年分」の所得課税証明書
 9. 戸籍謄本(本籍が稲沢市にあるかた及び継続申請のかたは不要です。※3か月以内に交付されたもの)
 

申請にあたっての注意事項

 1. 確定申告をされるかた
      必ず、確定申告をする前に、保健センターに申請してください。
 2. 申請の際に、不備があり訂正が必要な場合は、印鑑が必要になります。念のため、書類で使
      用した夫と妻両方の印鑑をお持ちいただくと便利です。

    ※保健センター祖父江支所では申請できません。

 

  

問合先 健康推進課
     保健センター (TEL 0587-21-2300 FAX 0587-21-2361)

最終更新日 平成29年4月1日