トップページ >  市長あいさつ

市長あいさつ

 

 11月1日は、稲沢市制記念日です。今年で59回目の市制記念式典を1日午前10時より名古屋文理大学文化フォーラム(稲沢市民会館)で挙行いたします。

 今年は西暦2017年、リニア中央新幹線(品川~名古屋間)の開業は2027年が予定されていますので、ちょうど10年後のことになります。9月定例議会で、来年度から10年間のわが市の最上位計画であります稲沢市総合計画の基本構想(ビジョン2027)が、議会の皆様のご理解を得まして可決承認をいただきました。計画の最終年度が2027年になるこの計画は、リニア開業による経済波及効果をどのようにわが市に取り込むかが最大のテーマとなっております。

 すでに各研究機関から様々な試算が出ておりますが、経済効果の総額は10.7兆円(50年便益)ともいわれています。それに加えて名古屋圏の地域経済に及ぼす影響が、私には興味があります。最近、講演会などで聴いた話によると、一つ目は、愛知県のGRP(域内総生産)が、長年東京都に次いで2番目であった大阪府を抜く可能性があること。
二つ目は、一般的に日帰りビジネス圏と考えられる2時間で到達可能な圏域が、大幅に拡大し、名古屋起点の2時間圏人口が国内最高になることが挙げられています。また、名古屋圏のオフィス賃料は東京圏のそれと比べて非常に安く、出張コストを差し引いても、オフィスにかかる固定経費の軽減は企業にとって魅力的であるともいわれています。このようなことなどから、特に名古屋駅周辺や、名古屋駅に直結する近郊都市には大きなアドバンテージが与えられることになります。

 名古屋駅から公共交通機関で10分の稲沢市、次の10年に向かってどんな青写真を描き、実現していくか、私や職員に課せられた使命は重いと思っています。旧来の発想にとらわれることなく、大胆に、そして着実に、市政を推進してまいります。


平成29年11月
稲沢市長 加藤錠司郎(じょうじろう)
過去のあいさつ
市長交際費の公開

問合先 市役所秘書広報課

最終更新日 平成29年11月1日