トップページ >  市長あいさつ

市長あいさつ

 

 今月は敬老月間です。18日は国民の祝日であります「敬老の日」、稲沢市の敬老式も、名古屋文理大学文化フォーラムでこの日に行われます。

敬老の日は昭和41年に国民の祝日に加えられましたが、その時は9月15日でした。その後、平成13年からハッピーマンデー制度の実施により9月第3月曜日に変更され、今年は18日がその日になるわけですが、ではなぜ9月15日が敬老の日になったのか少し調べてみました。
 「敬老の日」制定には、門脇政夫という方が大きくかかわっていることがわかりました。兵庫県多可郡野間谷村(現在の多可郡八千代区)の村長であった門脇氏が、昭和22年9月15日に村主催の「敬老会」を開催したのがその始まりです。「老人を大切にし、年寄りの知恵を借りて村作りをしよう」というのがその開催趣旨であったといいます。彼は翌年、この日を「としよりの日」として、村独自の祝日としました。またこれにとどまらず、県内各市町村にも祝日制定を働きかけ、賛同が広がっていきました。昭和25年には兵庫県が「としよりの日」を制定、前述のように運動が実り、昭和41年に国民の祝日として制定されたわけです。

 9月という開催時期は、農閑期であることや、元正天皇が親孝行の伝説のある滝を訪れ、養老の滝と名付けたのが、霊亀3年(717年)9月であったことも参考にしたようです。
 今年の稲沢市敬老式に敬老祝い品をお渡しする対象者(数え年77歳の方)は、1,670名余、数え年77歳以上の方は約16,000人、また数え年100歳以上の方は約90名おみえになります。
 日本は世界に冠たる長寿国です。稲沢市も、もちろん例外ではありません。家族のため、地域のために汗を流し働いて、今日の我が国の繁栄を築いてこられました諸先輩に、感謝と敬愛の念を持ち長寿をお祝いする気持ちを持つ一か月としたいものです。

平成29年9月
稲沢市長 加藤錠司郎(じょうじろう)
過去のあいさつ
市長交際費の公開

問合先 市役所秘書広報課

最終更新日 平成29年9月1日