トップページ >  市長あいさつ

市長あいさつ


 
 今年も早いもので3月となりました。
 3月は、卒業や退職等で別れの季節でもあります。
 また、地方自治体の責任者としては、4月から始まる平成29年度の当初予算をご審議いただく3月定例議会が、開会されるのもこの月のことであります。当初予算でありますが、私の市長就任後、初の予算編成でありました。市長選挙における公約の実現を一歩ずつでも確実に前へ進めるため最大限の努力をしたつもりであります。
 「人にやさしく活力あるまちづくり」のキャッチフレーズや「市役所に民間の経営感覚を」「市役所を幸福(しあわせ)創造組織に」という点では、ほんの小さな第一歩でありますが、市民のためこれからも市政運営に全力を傾注してまいります。
 さて、AKB48の歌に「365日の紙飛行機」があります。私はこの歌の歌詞が好きです。
♪時には雨も降って涙も溢れるけど 思い通りにならない日は 明日頑張ろう
♪星はいくつみえるか 何も見えない夜か 元気がでない そんな時は誰かと話そう
 
 卒業される皆さん、特に若い人たち、この歌詞のように思い通りにならないことや元気の出ないことはたびたびあります。明日の来ない夜はありませんし、周りの友だちといろいろ話せば多くの問題は解決します。
 この歌詞のように明るく前向きな気持ちで、ある意味、気楽に人生を歩んでいきましょう。

 皆さんの前途に幸運あれ!!

平成29年3月
稲沢市長 加藤錠司郎(じょうじろう)
過去のあいさつ
市長交際費の公開

問合先 市役所秘書広報課

最終更新日 平成29年3月1日