トップページ > 稲沢市議会 > 議会の運営

議会の運営

議会

 議会はいつも開かれているわけではなく、定期または臨時に、一定の期間だけ開かれます。
 定期に開く会議を定例会、必要に応じて開く会議を臨時会といいます。稲沢市議会の定例会は、年に4回、3月、6月、9月、12月に開かれます。

議会の招集

 議会を招集する権限は市長にあります。また、議会運営委員会の議決を経て議長から請求がある時及び議員定数の4分の1以上の議員から請求がある時は、市長は臨時会を招集しなければなりません。

会期と議事

開会から閉会までの期間を「会期」といいます。会期中の議事は、おおよそ次のような順序で進められます。

会議(初日)
会期を決定し、市長及び部長から議案の説明を受けます。
休 会(2日間)
議案を精読するため
本会議(質疑および一般質問・4日間)
質疑…議案について、不明確な点や詳しく知りたい点を市長などに問いただすことをいいます。
一般質問…議案に関係なく、市政全般について市長などの考え方、方針を問いただすことをいいます。
委員会(3~5日間)
 議案などをより専門的、能率的に審査するため所管の委員会に議案を付託します。
 委員会審査では、細部にわたって質疑応答し、意見を述べた後、委員会の態度を表明するため採決します。
本会議(最終日)
所管委員長から委員会の審査結果報告をし、賛成・反対の討論を行い、採決により賛否を決定します。


 

問合先 市役所議事課

最終更新日 平成20年4月1日