トップページ > 稲沢市議会 > 議会のしくみ

議会のしくみ

議員

 議員の定数は、地方自治法の規定により条例で定めることになっています。
 稲沢市は、 平成17年4月1日に祖父江町・平和町と合併し、稲沢選挙区24人、祖父江選挙区6人、平和選挙区4人の定数34人としていました。
 平成23年10月1日からは一選挙区で定数は30人となり、平成27年10月1日から、定数は26人になりました。

本会議

 議員全員で議案等を審議する会議を本会議といっています。

委員会

 議案などは、最終的には本会議で可否が決められますが、市政は広範なため、あらかじめ幾つかの委員会を設け、専門的に審査します。
 委員会には「常任委員会」、「議会運営委員会」及び「特別委員会」があります。

常任委員会

 地方自治法の規定により設置することができ、稲沢市議会では次の3常任委員会を置き、各委員会の定数は下表のようになっています。
 議員は、少なくとも1つの常任委員となるものとし、その任期は条例で1年としています。

名称 定数 所管
総務委員会 9人 議会事務局、市長公室、総務部、消防本部、会計課、選挙管理委員会事務局、監査委員事務局の所管に属する事項、他の常任委員会に属さない事項
文教厚生委員会 9人 教育委員会、福祉保健部、市民病院の所管に属する事項
経済建設委員会 8人 経済環境部、建設部、上下水道部、農業委員会事務局の所管に属する事項

議会運営委員会

 円滑な議会運営を行うために、議会の運営・議長の諮問に関する事項等について審査等を行うため8人の定数としています。
 所管は、議会運営に関する事項、議会の会議規則・委員会条例等に関する事項、議長の諮問に関する事項です。

特別委員会

 特別の事件について調査、研究、審査するため、議会の議決により設置でき、調査等が終了すれば消滅します。 このほかに9月定例会において決算特別委員会を設置し、決算の認定議案を審査します。現在設置されている特別委員会は、下記のとおりです。

名称 定数 目的
議会改革推進特別委員会 8人 議会改革推進に関する調査、研究及び審査

その他の会議

 市議会は、本会議と委員会のほかにも、必要に応じて各派代表者会、各委員会正副委員長会、議員総会を開催します。
 これらは法律等で定められているものではありませんが、市政上の重要な問題について協議するために開かれます。議案の審査は行いませんが、市長等から説明を受けたり、意見を述べたりします。

 

問合先 市役所議事課

最終更新日 平成27年10月14日