トップページ > 市政情報 > 下水道整備状況

下水道整備状況

稲沢市公共下水道計画の概要(拡大図)



下水道事業について

事項 説明
下水道課
 下水道事業
 生活雑排水等により、河川の汚濁が進むと生活環境が悪くなってしまいます。
 稲沢市の下水道事業は、快適な生活環境を確保し、河川の水質保全を図ると共に、子供たちに美しい自然を残していく役割を果たすため、日光川上流流域下水道関連の公共下水道として順次整備しております。
 平成12年に、JR稲沢駅から小沢4丁目に至る市街化区域212.5haの供用を開始しました。その後、合併を経て祖父江地区、平和地区の市街化区域を中心に整備を進め、順次供用開始区域を広げ、平成25年度からは中心市街地の稲葉地区の下水道整備を行っており、平成29年3月末現在では、市域全体で919.0haが供用開始され、水洗化率は78.9%となっています。
 今後は、現在未整備となっている市街化区域及び市街化調整区域で費用対効果の高い地区の下水道整備を進めていきます。


問合先 下水道課(上下水道庁舎内) TEL0587-21-4199

最終更新日 平成29年5月10日