トップページ > 市組織のご案内 > 福祉保健部 > 福祉課 > 臨時福祉給付金(経済対策分)

臨時福祉給付金(経済対策分)

申請受付は、平成29年6月30日(金)で終了しました。

臨時福祉給付金(経済対策分)とは

 消費税率の引上げによる影響を緩和するため、所得の少ないかたを対象として、制度的な対応を行うまでの間、暫定的・臨時的な措置として、臨時福祉給付金(経済対策分)が支給されます。
 具体的な申請方法等は「広報いなざわ」3月号や下記にてお知らせします。

支給対象者

平成28年度臨時福祉給付金の支給対象者(※)

 (※) 平成28年度臨時福祉給付金の支給対象者
平成28年度分の市民税(均等割)が課税されていないかた(ただし、平成28年度市民税において、課税者の扶養となっている場合や生活保護制度の被保護者等となっている場合等は対象となりません)


原則、平成28年1月1日において住民登録がされている市町村から支給されます。

支給額

 ◦ 支給対象者1人につき   15,000円(1回限り)

申請方法

  • 申請受付期間 平成29年2月21日~平成29年6月30日(必着)
  • 申請方法 支給対象に該当すると見込まれるかたに、2月下旬以降に申請書等関係書類を郵送します。申請書に必要事項を記入・押印し、関係書類(支給対象者全員分の本人確認書類及び指定した受取口座が確認できる書類等の写し)を添付の上、郵送により申請してください。
    ※申請書等を確認・審査の上、指定の受取口座に臨時福祉給付金(経済対策分)を振り込みます。
    ※所得状況が不明なかたは、支給対象となるか判断ができませんので、まずは平成28年度分の市民税の申告をお願いします。申告後、支給対象の該当見込みとなるかたには別途申請書等関係書類を郵送します。
    ※支給対象に該当すると思われるかたで、申請書等関係書類が届かない場合は、稲沢市臨時福祉給付金事務センター(専用ダイヤル ℡0587-32-1600)へお問い合わせください。

「振り込め詐欺」や「個人情報の搾取」にご注意ください。

  • 稲沢市や愛知県、厚生労働省等がATM(銀行・コンビニ等の現金自動預払機)の操作をお願いすることは、絶対にありません。
  • ATMを自分で操作して、他人からお金を振り込んでもらうことは絶対にできません。
  • 稲沢市や愛知県、厚生労働省等が臨時福祉給付金を支給するために、手数料等の振込を求めることは絶対にありません。
  • ご自宅や職場等に稲沢市や愛知県、厚生労働省(の職員)等をかたった電話がかかってきたり、郵便が届いたら、迷わず、市役所や最寄りの警察署(または警察相談専用電話(#9110))にご連絡ください。

関連リンク(厚生労働省ホームページ)

 

問合先 市役所福祉課 (電話 0587-32-1278)

最終更新日 平成29年7月10日