トップページ > くらしのガイド > 自立支援医療(更生医療・精神通院医療)

自立支援医療(更生医療・育成医療・精神通院医療)

 

障害者に対し医療費を助成します

 指定の医療機関で下記の医療を受けた場合、医療費の自己負担額が1割となります。
●所得に応じて自己負担額の上限があります。また、一定所得以上の場合には、対象外となる場合があります。
●自立支援医療の有効期間は最長1年間です。なお、更新申請の際には、既存の自立支援医療受給者証も持参してください。
●障害者医療又は後期高齢者福祉医療費を併用されている方については、自己負担額(入院時の食事代を除く)を障害者医療又は後期高齢者福祉医療費制度で助成します。


1.自立支援医療(更生医療)

 指定の病院等で血液人工透析、心臓手術、肝臓移植術(抗免疫療法を含む)人工関節置換術、抗HIV療法・免疫抑制療法等により、障害を軽くしたり進行を遅らせたり機能を回復させるために行う治療にかかる医療費の本人負担分を給付します。
対象者
18歳以上で身体障害者手帳をお持ちの方
申請に必要なもの
①自立支援医療用(更生医療)意見書
②身体障害者手帳
③受診者と同一保険に加入しているすべての方が確認できる被保険者証(健康保険者証)の写し
④非課税世帯で障害年金等を受給している場合は、その金額が確認できる書類(年金証書、年金の振込み通知書または年金の振り込まれている通帳)
⑤印鑑
⑥特定疾病療養受療証(*お持ちの方のみ)
⑦マイナンバー

2.自立支援医療(育成医療)

 指定の病院等で障害を除去したり、軽くしたりするために行う医療にかかる費用を給付します。
対象者
18歳未満の身体に障害がある児童
申請に必要なもの
①自立支援医療用(育成医療)意見書
②受診者と同一保険に加入しているすべての方が確認できる被保険書証の写し
③印鑑
④マイナンバー(本人・保護者)

3.自立支援医療(精神通院医療)

 精神にかかる疾病を治療するために必要となる通院医療費を公費で負担します。
対象者
精神疾患により、精神科等に通院している方
申請に必要なもの
①自立支援医療用(精神通院)診断書、但し精神障害者保健福祉手帳と同時申請の場合は手帳用診断書
②受診者と同一保険に加入しているすべての方が確認できる被保険者証(健康保険者証)の写し
③非課税世帯で障害年金等を受給している場合は、その金額が確認できる書類(年金証書、年金の振込み通知書または年金の振り込まれている通帳)
④印鑑
⑤マイナンバー
その他
 診断書は、精神保健指定医その他精神障害の診断又は医療に従事する医師の記入によります。病院で確認のうえ診察を受けてください。

関連情報

障害者医療費助成
精神障害者医療費助成

 

問合先 市役所福祉課

最終更新日 平成29年11月15日