トップページ > 「平成30年度防災講演会いなざわ」を開催します

「平成30年度防災講演会いなざわ」を開催します!!

目的

 現在、発生が懸念されている南海トラフ地震では、最大震度7クラスの地震が発生する可能性があるとされており、この地震により、稲沢市では揺れ及び液状化等による甚大な被害が発生することが懸念されます。
 このようなことから、稲沢市内の地域の防災リーダーや防災ボランティア等をはじめとする市民の方を対象に、現状の巨大地震に関する研究や地震への備え等を紹介し、防災に関する理解を深めていただくとともに防災意識の高揚を図ることを目的として開催します。



※写真は平成29年度に開催した「防災講演会いなざわ」のものです。

日時

平成31年1月19日(土) 午前10時00分~正午
【開場:午前9時30分】

会場

稲沢市勤労福祉会館 1階 多目的ホール
 〒492-8268 稲沢市朝府町5番1号

定員

200名 ※定員を超えた場合は、抽選となる可能性があります。

入場

無料

申込

電話、 FAXまたはEメールにて必要事項をお知らせの上、申し込みください。
<申込先>
稲沢市総務部危機管理課
☎  0587 -32 -1275(ダイヤルン)
FAX  0587 -23 -1489
📧 bousai -koushu@city.inazawa.aichi.jp
<必要事項>
①住所 ②氏名 ③電話番号

内容

先人は災害をどう乗りこえたのか
  《講師》名古屋大学減災連携研究センター
       客員教授 武村雅之(たけむらまさゆき) 氏

講師プロフィール



武村雅之(たけむらまさゆき)


1981年東北大学大学院理学研究科博士課程終了後、建設会社技術研究所入所、同社小堀研究室を経て
2010年から小堀鐸二研究所副所長。2012年から名古屋大学減災連携研究センター社会連携部門教授。
2018年4月から現職。この間、日本地震学会理事、日本地震工学会副会長、歴史地震研究所会長などを
務める。専門は地震学。理学博士。

チラシ

「平成30年度防災講演会いなざわ」チラシ(PDF 1,054KB)

問合先 市役所危機管理課 

最終更新日 平成30年12月7日