トップページ > 市政情報 > 消防施設等補助制度

消防施設等補助制度

 地震等の災害に備え、自主防災会の消防および防災に使用する施設等の強化を促進し、被害の軽減を図ります。

消防および防災に使用する施設、設備の設置、購入に対し、補助します

1 補助の対象

小型動力ポンプ(B2級、B3級、D1級)
街頭消火器(ABC粉末消火器10型)
消防用ホース(消火栓用・小型動力ポンプ用)
防災資機材(下記一覧表のとおり)
防災倉庫(延面積5㎡以上の新築、改築)

2 補助率および補助限度額

 消防及び防災に使用する消防施設を、自主防災会で購入・設置される場合、購入される消防施設等の単価(防災資機材については合計額)の3分の1(1,000円未満(消火器は100円未満)は切り捨て)以内を予算の範囲内で補助します。

 ※ 平成24年度より行政区による申請はできなくなりましたのでご注意ください。
 ※ 申請は同一年度1回に限ります。

消防設備施設の種類 補助率 補助限度額
小型
動力
ポンプ
B2級 購入費用
の1/3
334,000円
B3級 267,000円
D1級 67,000円
街頭
消火器
10型 2,500円
消防用
ホース
消火栓用
小型動力
ポンプ用
4,000円
防災
資機材
下記一覧表
のとおり
購入合計額
の1/3
100,000円
防災倉庫 新築
及び改築
工事費用
の1/3
新築 200,000円
改築 100,000円

  

防災資機材 救助用資機材 ハンドマイク、メガホン、発電機、投光機、チェーンソー、エンジンカッター、チェーンブロック、ジャッキ、スコップ、バール、とび口、つるはし、工具箱、担架、救命ロープ、はしご・脚立、ウィンチ、ハンマー、掛矢、のこぎり、斧、鉄線ばさみ、リヤカー、一輪車・台車、自動体外式除細動器(AED)、その他救助活動に必要な資機材
避難生活用資機材 浄水機(ろ水機)、小型造水機、救急医療セット、簡易ベッド、簡易トイレ、炊飯器具、防災テント、防災マット、シート、毛布、車椅子、組立水槽、ポリタンク、携行缶、コードリール、ラジオ、その他避難生活に必要な資機材

※ 防災倉庫の新築で、稲沢市地区集会場整備費補助金交付が交付された場合は、対象外とします。

補助金申請書はこちらからダウンロードできます。

問合先 市役所危機管理課

最終更新日 平成28年4月1日