「愛知県新型コロナウイルス感染拡大予防対策指針」の策定について

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページID1006762  更新日 令和2年5月29日

印刷大きな文字で印刷

新型コロナウイルス感染症について、愛知県では、5月14日の国の宣言の対象区域の解除後も、感染状況は、国が判断の目安としている新規感染者数を大きく下回り、減少を続けています。
全国的にも、新規感染者数の減少等から、5月21日に関西圏の2府1県が、25日には、残された首都圏1都3県と北海道の緊急事態宣言が解除され、全ての都道府県で、感染拡大防止対策を講じつつ、社会経済活動を再開するための取組が始まっています。
これらの状況を総合的に勘案し、愛知県においても、「愛知県緊急事態宣言」及び「愛知県緊急事態措置」を解除することとなりました。
一方で、断続的に新規感染者が発生するなど、感染症のリスクは、依然として社会生活の場に存在していますので、今後も、社会経済活動を持続的に両立させながら、再度の感染拡大を防止していくことが不可欠となります。
このため、愛知県では、今後の対策を実施するにあたっての指針として、「愛知県新型コロナウイルス感染拡大予防対策指針」を策定しました。
引き続き、市民の皆様には、3つの密を避けるなど、「新しい生活様式」の実践を、事業者の皆様には、個別施設ごとに、あらゆるリスクに備え、徹底した感染防止対策の実施をお願いします。

 

詳しくは下記の外部リンクからご覧ください。

このページに関するお問い合わせ

子ども健康部 健康推進課 健康推進グループ
〒492-8217
愛知県稲沢市稲沢町前田365番地16 保健センター
電話:0587-21-2300
ファクス:0587-21-2361